トピックス

ダイアモンド 4Cとは

ダイアモンドは、キャラット(Carat)、カラー(Color)、クラリティ(Clarity)、カット(Cut)の4つの総合評価で価値づけられていて、それぞれの頭文字をとって「ダイアの4C」と言われています。

キャラット(Carat)

ダイアモンドの重さ(大きさではなく重さです)を表す単位です。キャラットの語源は昔インドでダイアモンドの計量に、サヤの中の位置に関係なく重さがほぼ均一で1粒が約 0.2g の黒色のいなご豆(ギリシヤ語で「キャラテイオン」)の実の粒を使った事に由来しています。
○ ダイヤモンドの重さの単位をあらわし、1キャラット=0.2グラム(1円玉の1/5ほど)になります。基本的には大きさに比例しますが、極端に深さの深いダイアなど、見た目が小さく見えても重いダイアもあります。
○ 通常は1/1000カラット(0.001ct)まで測定され、鑑定書に記載されます。
○ 価格に最も影響があり、カッターは大きさ(歩留まり)を最も意識してカットします。例として凄く綺麗にカットすると1ctを切ってしまうダイアモンドがあるなら、多少形が悪くても1ctになるようにカットするケースが多いです。

カラー(Color)

○ 通常、ダイヤモンドは窒素を含むことにより、ごく僅かな緑がかった黄色をしており、色温度6500度Kの午前11時頃の北向きの光源にあて、マスターストーンと呼ばれる色の基準となるダイアモンドと、この微妙な色あいを鑑定士が比較して、黄色の濃度に応じてダイアモンドの「D」から「Z」まで23段階に分け、Dをもっとも無色とし、Zに近づくにつれて黄色味が強いと分類としています。
○ その他、ファンシーカラーダイアモンドといわれるZより黄色いイエロー・ブラウンや、レッド、ブルー、ピンク、グリーン、オレンジ、パープル、ブラックなどのダイアモンドは、この4Cでのカラーとは別の区分けをされ、色によっては非常に高い評価をされています。

クラリティ(Clarity)

○ ダイヤモンドの内部の含有物(インクルージョン)と外側のカット傷や割れ(ブレミッシュ)の位置や大きさ、数、性質の評価で、いかに目立つかでFL(フローレス)からI3(インクルーデッド)まで11ランクに分類されます。
○ 鑑定士が適切な照明下で10倍に拡大して決定します。
○ グレードが高いと透明度も強度も高いですが、低くなると透明度が下がってくもりが出たり、輝きが悪くなったり、強度が下がって割れやすくなります。
○ 位置、大きさ、内容によっては、肉眼で見るとグレード以上に綺麗に見える物もあります。

カット(Cut)

○ カットには大きく分けて2パターンあり、通常よくみかける「ラウンドブリリアントカット」と、それ以外の「ファンシーカット」があり、「ラウンドブリリアントカット」が、このカット評価の対象となります。
○ ラウンドブリリアントカットは、ダイアモンドの屈折率や分散率などに基づき、最も美しく光るカットと言われています。57面~58面のカットになっていて、カット評価は、プロポーション(形)と視覚検査(ガードルの厚さ、キューレットサイズ、ポリッシュ、シンメトリーなど)でExcellent(エクセレント)からPoor(プアー)まで5段階に分かれています。
○ ダイヤモンドをカットした時のフィニッシュ(仕上げ)の中で、シンメトリー(対称性)、ポリッシュ(研磨状態)についても評価されます。カット、ポリッシュ、シンメトリーの3項目それぞれがエクセレント等級のダイヤモンドはトリプルエクセレントと呼ばれています。
 □ポリッシュ(研磨)の良し悪し・・・ダイアモンドの表面がつるつるに磨き上げられている
 □シンメトリー(対象性)の良し悪し・・・左右・上下全ての対象がそろっている
カット評価がExcellentの物は、対称性及び研磨状態の2項目ともExcellent・VeryGood以上となります。

シルバーアクセサリー/デザイン・原形制作・鋳造・研磨

info@wagokoro.co.jp
TEL 03-5785-3331/FAX 03-5785-0559
お問合せ/見積
ウェブカタログ