トピックス

ジュエリー・アクセサリーのお手入れ、保管方法

【保管方法(全般)】

① 貴金属は基本的にデリケートな物ですので、なるべく硬い物との接触は避けて、保管は1つ1つ布でくるんだり、小分けの保管が望ましく、持ち運びの際もケースなどを利用するなど、他のジュエリー同士や、他の硬い物と接触しないようにして下さい。
② 汗や化粧品、ほこりなど貴金属が汚れる原因は多種多様です。身に着けた後には、柔らかな布やセーム側でから拭きしたり、軽くすすいでください。また埃は主に石英を含んでいて、これは硬い物質になります。ほとんどのアクセサリーやジュエリーの金属はこれより柔らかいので、強くこすると埃で傷がつく可能性がありますので、拭くときは軽くふいて下さい。
③ すすぐ際は、簡単なメンテナンスとして、薄めた食器用の中性洗剤につけると、汚れがかなり落ちます。また、入り組んだ部分は毛先の柔らかいブラシでこすると汚れが取れます。洗剤はよく洗い流し、水をふき取った後、十分に常温で乾燥させて下さい。

【プラチナ・ゴールド・パラジウム製品】

① プラチナやゴールド・パラジウムなどは、傷がつくと表面の光沢がなくなります。このような時は、市販の研磨剤入りクロスで磨くと綺麗になります。しかし、あくまで表面を研磨する製品ですので、あまり繰り返すと金属が薄くなったり、模様が薄くなったりするので、注意が必要です。
② ゴールドは、24金以外は銅やシルバーが入っているので変色します。金の比率が低い10金などは特に変色しやすくなります。特に変色が目立つものは、イオン洗浄器にて洗浄する必要があります。その際は、購入した店舗に依頼するようにして下さい。
③ 入浴や温泉に入る際、ゴールドやプラチナでも、ろう材(サイズ直し等に使用する合金パーツ)や、中に含まれている素材(銅・銀など)が反応するなどして変色する場合があります。特に銀は、硫黄と反応するとすぐに硫化銀となり黒くなるので、硫黄泉は厳禁です。また輪ゴムや温かい卵黄なども銀製品を変色させますので、ジュエリーやアクセサリーを着けたままでの入浴や、料理は避けた方が無難です。

【シルバー製品】

① 入浴や温泉に入る際、銀は、硫黄と反応するとすぐに硫化銀となり黒くなるので、硫黄泉は厳禁です。また輪ゴムや温かい卵黄なども銀製品を変色させますので、ジュエリーやアクセサリーを着けたままでの入浴や、料理は避けた方が無難です。 ② シルバー製品は、ロジウムメッキがされている物が多いので、市販の研磨剤入りクロスや、シルバー磨き液などには漬けないでください。いぶし加工のものも同様です。メッキが無く、特殊な加工を施されていないもののみ使用可能です。同様に湿らせた指先に重曹をつけて、黒くなった部分を軽くこするのも有効です。しかしすぐに硫化が始まるので、マメに柔らかな布やセーム側で拭くことが最も有効なメンテナンス方法です。

【メッキされているジュエリー・アクセサリー】

① ホワイトゴールド、シルバー、ステンレス、真鍮、チタンなどでコーティングされてるものは、柔らかい布で拭くだけの処理にし、もしコーティングが剥がれた場合は、再度コーティングの依頼をするようにして、表面を研磨したりメッキが剥がれてしまうようなお手入れは避けて下さい。

【超音波洗浄機について】

複雑な形状の物は、隙間などに汚れが入る場合があり、そのような時は、超音波洗浄機(ジュエリー用やメガネ用)に入れると汚れを取る事が出来ます。この時は下記に注意して下さい。
① 直接入れると、宝石や金属に傷がついたりする場合があるので、プラスチックのケースやビニール袋に中性洗剤とジュエリーを入れ、浮かべるようにして浸してください。
② トパーズ、エメラルド、ペリドット、クンツァイト、ヒスイ、タンザナイト、トルコ石、オパール、パール、ラピスラズリなどは、宝石にヒビや割れ、曇りが出る可能性があるので、超音波洗浄機の使用は避けて下さい。

【メンテナンスに注意が必要な宝石】

下記の宝石は、それぞれメンテナンスに注意が必要です。
① 汗・化粧品・ヘアスプレー・除光液・温泉に弱い宝石 ⇒ トルコ石、ラピスラズリ、パール 温泉などには持ち込まず、普段から使用後は必ず柔らかい布で拭いてからしまうようにしましょう。
② ヘアスプレー・除光液・温泉に弱い宝石 ⇒ オパール 温泉などには持ち込まず、普段から使用後は必ず柔らかい布で拭いてからしまうようにしましょう。
③ 紫外線に弱い宝石 ⇒ アメシスト、シトリン、トルコ石、ラピスラズリ、パール なるべく暗所に保管するようにしましょう。

シルバーアクセサリー/デザイン・原形制作・鋳造・研磨

info@wagokoro.co.jp
TEL 03-5785-3331/FAX 03-5785-0559
お問合せ/見積